鉱物採集

矢坪鉱山:佐倉鉱床again Pt.2。(洗浄後写真)

 

昨日書かせて頂いた

「矢坪鉱山:佐倉鉱床again。(鉱物採集第236回)」

採集した石の洗浄が終了しました。

 

柘榴石

スカルンラヴァーもしくはスカルンエキスパート

の採集人なら拾わないであろう小さめ柘榴。

 

黒く見えますがであります。

いわゆる洞戸Likeな柘榴。

自分で言うのもなんですが

現状この産地のものとしては結晶がしっかりしている方です。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 柘榴石

*大きい結晶がそりゃいいのですがこういうのも結構好きなんですねー(産地では)あまり見つかりません。そもそも柘榴石は少な目です。

*ポッポちゃんが抱えてる柘榴は他のと比べて少し異質であります。

 

閃亜鉛鉱

主要鉱物の一つですがほぼ大部分が塊状の不明瞭なものが多く

しかもいろいろMixした状態で出る事が多いです。

外見どころか中身もただの茶色っつうのが多いのです。

 

これは落石で割れているのですが一部自形結晶が見られるので

記念で拾ってきています。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 閃亜鉛鉱

 

異極鉱

広い広いエリアのピンポイントで見つかります。

他の場所では1回だけ見たかな。

このレベルが現状では一番いい感じでしょうか。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 異極鉱

 

 

異極鉱のいてる小部屋をUPで写しました。

ミメット鉱が付いています。

正直嬉しい(^^)

from インスタ(Instagram)

 

 

磁硫鉄鉱

閃亜鉛鉱 方鉛鉱がメインのこの鉱床ですが

磁硫鉄鉱の産出も記載される程にはあったようです。

 

現地では少な目でありまして。

 

産状としては閃亜鉛鉱・方鉛鉱・磁硫鉄鉱がぐちゃっと

塊状になりやすいです。

 

ルーペサイズですが一部自形結晶が見られ比較的単独に近い状態。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 磁硫鉄鉱

 

混合(MIX)

川ズレではなく崖ズレ 笑

方鉛鉱や閃亜鉛鉱が内部にカルサイトを含んだよくあるタイプ。

方鉛鉱自形結晶が付いていたので記念。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 混合体

 

マンガンが染みているように見える母岩の柘榴石

風化したPb成分なのかもしれないが

マンガンLikeな黒色鉱石の上の柘榴。

ありそうな話ですが緑柘榴黄土色柘榴とが付いてます。

矢坪鉱山 佐倉鉱床 2色 柘榴石

 

特に分かりやすいズリがある産地ではありませんし

産出ポイントが広いエリアにピンポイントで点在しているので

行ったらあるという感じではないです。

 

そもそも初見で行くにはあまりにも

「労多くして功少なし」かもしれません。

 

おわり。

 

 

 

鉱物採集

矢坪鉱山:佐倉鉱床again。(鉱物採集第236回)

 

不人気な産地(当ブログ比)佐倉鉱床

 

マホガニーのホームグラウンドと化す。

 

いろいろ調査不足なので再度様子見に。

 

前回はおよそ1年前。
「岐阜県矢坪鉱山 佐倉鉱床 Feat.まに屋(鉱物採集第205回 異極鉱、水晶、柘榴石他)」

 

今回も相変わらずの山中放浪

 

*僕はヒィヒィ登っていますが運動神経の良いMaは余裕。

でも流石に斜度がきつくつまずいています。

そのせいで動画がスローモーションに 笑

 

エリアの天気予報は「晴れ一時雨」
*まぁザっと降る雨は森の中やし大丈夫。

 

のはずが途中から
*雪ってなんでやねん。

 

行き帰りはたいして降られなかったけど
坑口の前に着いたころから本格的に。

 

やりたい事調べたい事がいくつかあった。


まぁいいか。雪をさけて内部でお弁当

矢坪鉱山 佐倉鉱床 坑口

 

坑道内では二次鉱物探し柘榴脈の確認。


二次鉱物はほぼ皆無。ザクロの脈も貧弱。

 

気になっていた坑口前に散らばる黒すぎる鉱石
*この感じはマンガンではないのか?

 

一応サンプルとして数点選ぶ。

 

ここ佐倉はポイントが複数あるのですが
今日はここだけ。

 

「まぁ帰ろう」と早々の撤退。

ありがたい事に雪はやみ寒さやわらぎ道険し

 

もう半月もするとヒル天国になる。

次はいつかなー。

 

石の写真は明日以降で(^^)

 

続きます。

 

 

Maの 今日の記事 →「柘榴石探し(Mahogany Beautiful)

 

鉱物洗浄後の記事→「矢坪鉱山:佐倉鉱床again Pt.2。(洗浄後写真)」