こんにちは、Takです。

ガーデニングをはじめて、再発見したTasha Tudor(ターシャ・テューダー)。




Derek Jarman(デレク・ジャーマン)や川本諭さんの世界観も好きですが、
うちの基本路線はターシャ。

2014年、ベランダーからガーデナーにも片足をつっこみました

イメージ(だけ)はミニ・ターシャ。

囲いの石を蛍石にして、バラとの競演!

しかし植物達は囲いを飛び越し、上から覆い、絡みつき。
冬は無残に枯れて石の上に朽ち果て、やがて土となりました。
まだ3年強しかたっていないのに。

そろそろ蛍石、撤去かな・・と漠然と考えながら時は過ぎ。

決定的だったのは、以前家に寄ってくれた、まに屋さんとの会話。

まに屋さん「鉱物採集の人のズリ、興味あるんですよ!」

自分「いやいやこれはズリやなくて、囲いの石。鉱物採集好きでガーデニング好きやから〜」
(力説)

まに屋さん「鉱物採集の人のズリ、興味あるんですよ。」

自分「・・・。」
(聞いてない?)

撤去してクリーニング完了した蛍石!




結晶が所々ついています。