2017年の9月25日にペグマタイト地帯から我が家に来たカメきち

物凄いペースで大きくなり、体に対して水槽が小さい!

なんと、3度目のお引越し。

before
 (GEXマリーナM水槽:幅35cm)


いろいろ分かってきた事もあるので、それを活かした住処づくりをします。

次の水槽は同じくGEXのマリーナBK600 これは60cm水槽。


水場はこれまで同様タッパーにしますが、出入りに苦労していたので、
タッパー上部が底床とフラットになるよう仕切りを入れます。


水槽が大きくなるという事は、今までの紫外線ライトの幅が合わなくなるということ。
モールディングを噛ませて、落ちない工夫をしました。

(もちろん後ほど白色にペイントしますよ 笑)

さて底床ですが、うちのカメきちはどうやら土を掘るのが好きそう。
(他のイシガメやその他の亀のことは不明)
掘りやすいようにソイル川砂をMIXしたもので基盤を作ります




問題は水場の仕切りあたりに強度のあるものを使用したいという点。
カメきちはペグマ出身だし、まぁ麦飯石で。


仕上げの小道具に、水気に強いヤシの繊維


水場へのアクセスが楽になる(はず)、シャビーな植木鉢の破片
基盤のMIXの上に単独でソイルと川砂を乗せます


タッパーの下がガラス面だと味気ないので、インテリアバークをひいて。


仕上げはやはり故郷の煙水晶(破片)と長石(破片) (^^)


タッパー内には「水が汚れにくい」といううたい文句の砂利を入れて完成!!

after


さぞや喜ぶかと思ったカメきち、環境がかわってパニック!
慣れるのにしばらく掛かりました。


どれくらい暴れていたのか、動画があるので貼り付けます。


その後に更に手を加える事になるのですが、それは「水槽DIY:2」で。