Ma専用椅子が壊れた。
*お客様用Chairでもありました。

 

DREVOUNIA社ウッドチェア
今は無きチェコスロバキア製

椅子 座面の修理

 

入手の経緯

→「アームチェアのペイント。」

 

症状でありますが
座面が割れて陥没したのです。

椅子 座面の修理

 

椅子 座面の修理

 

本人の名誉の為 笑 書きますが
至ってスリムな体形であります。

 

vintageものでありますし
元々何か弱い感じの造りでありました。

 

どうしようか?といろいろ考え

元の座面を直すか新たに作り直すか。

 

作り直す事に決めました。

*僕の流儀はスピード命。ちゃっちゃっとやります。

 

 

座面を裏から叩き剥がします。

椅子 座面の修理

 

座面は吹っ飛び(うまく)外れました。

 

 

椅子 座面の修理

 

強度不足が嫌だったので厚めの

ベニヤ板を購入し早速作業開始。

*本当はしっかりサイズを測ってやるのですけどね。

椅子 座面の修理

 

ビンテージのこぎりといつものゼットソー

椅子 座面の修理

 

ためらいません。休憩しません。

椅子 座面の修理

 

カーブに沿ってやすりがけ

はめ込みます。

*あーうまくいったやーん。

ちょっとした隙間はパテで埋めたらええわー。

椅子 座面の修理

 

あっと言う間にできました。

 

 

強度は格段にUP!

ここまでが僕の仕事。

 

 

続きはMaのブログでどうぞー

→「DIY★アームチェアの修理

 

*これ元々Maのブログと違うん?

 

おわり。